肩こり

腰痛

ひと言で腰痛といっても、ギックリ腰のような急性のものもあれば、鈍い痛みがときどきあるといった慢性的なものもあります。また、筋肉や骨、神経の損傷などによって起きるものもあれば、内臓の病気によって生じるものもあり、原因はさまざまです。

「腰痛」は整形外科専門医へ

民間療法に頼る方も多くいらっしゃいますが、当院のような整形外科専門医を受診して痛みの原因を知ってください。そして、正しい対処をすることが大切です。


外反母趾


「外反母趾」 〜親指が外側に開き、同時にねじれも生じる足部・足趾の変形〜

外反母趾とは

外反母趾は成人の足部変形の中で最も多い疾患の一つであり、特に中高年の女性に多くみられ、母趾(親指)が外側に曲がった変形(外反)を示す状態をいいます。
(女性は男性の9倍の発生率であるという報告もある)
外反母趾は軽度、中等度および重度と段階的に変形が進行し、それに応じて病態も複雑になっていきます。そのため変形の進行状況に関して十分に理解しなければ的確な治療が行えないため、しっかりと検査を行うことが重要となります。

症状

外反母趾によってみられる症状には様々なものがありますが、大きく5つに分けて特徴を紹介します。

①母趾関節内側の痛み(第一M T P関節内側部痛)

母趾関節内側の痛みは最も頻度の高い症状として認められます。母趾の内側骨隆起が突出するとともに前足部の横幅が増大し、その結果、靴のtoe box(靴の先端部分)に圧迫されて痛みが生じることが多くみられます。変形や痛みが進行すると、母趾内側の神経(足背趾神経)が圧迫され、しびれが生じることもある。

②母趾内側の痛み(母趾趾節間関節内側部痛)

母趾先端部分の関節内側に胼胝(たこ)を形成して同部に痛みを感じることもあります。母趾の変形が高度例にみられることがあります。

③人差し指、中指の痛み(第二・三中足骨頭痛)

外反母趾では立位または歩行時の母趾の機能不全により、第二あるいは第三中足骨頭下の負荷が増大し、中足痛が生じることがある。

④人差し指背面の痛み(第二趾背側部痛)

変形が進行すると親指が人差し指の下に入り込むことによって、人差し指が上に押し出される。その結果人差し指が靴の中で圧迫され、痛みを伴う胼胝(たこ)が形成される。

⑤足の甲の痛み(Lisfranc関節部痛)

外反母趾の進行例で足の甲に痛みや腫れを訴えることがあります。外反母趾や扁平足を伴うことによってアーチ機能が低下し、足部全体にストレスがかかることが大きな要因として挙げられます。

病因

外反母趾の病因には先天性、遺伝、性差(男性:女性=1:9)、扁平足などがあります。
外的なものには靴、特にヒールの高いあるいはtoe box(靴の先端部分)の狭い靴は外反母趾の疼痛発現のみならず、変形の発生と増悪の要因でもあります。その発生時期に関しては、先天性、小児期、思春期及び成人期があり、一般的に加齢とともに変形は増悪すると言われています。

診断

レントゲン(X線)検査

足のレントゲンを撮影し、「外反母趾角」や「第一第二中足骨間角」などを検査し、変形の程度や状態を評価します。

「外反母趾角」とは

母趾の外反変形の程度を評価する尺度となっています。
正常平均値:10°〜16°
軽度変形:20〜30°未満
中等度変形:30〜40°未満
高度変形:40°以上

「第一第二中足骨間角」とは

第一中足骨と第二中足骨の間の角度であり、この角度と外反母趾には強い関係性があるといわれています。
正常平均値:8〜10°

治療:保存療法

・足部筋肉のマッサージやストレッチ、トレーニング
・歩き方の指導
・自主トレーニングの指導

治療:手術療法

・骨切り術
軽度〜中等度の外反母趾が適応になることが多い。骨を切って曲がりを矯正し、矯正した位置を保つために金属で固定します。どの部位を、どのように骨切りするか、多くの手術術式があります。

・関節固定術
高度の外反母趾が適応になることが多い。骨を切って曲がりを矯正し、矯正した位置を保つため金属で固定します。骨切り術と異なる点は、関節を固定するため、強制力は強いですが、固定した関節が動かなくなる点です。

このようなお悩みのある方は、お気軽にご相談ください

  • 昔と比べて親指が曲がってきたような気がする
  • 親指の内側のところが痛い、他の指
  • 長時間歩いた後に親指の内側部分が赤くなっている、腫れている
  • 足の裏や足の指のところに胼胝(たこ)やウオノメができている
  • 履く靴によって症状が変わるので、どのような靴を履けばいいのか知りたい
  • 悪化しないようにするためにどのようなことをすればいいのか知りたい
  • 手術以外でできることを知りたい

当院では、足の外科に精通した医師の指導のもと、理学療法士によるリハビリテーション(筋のマッサージやストレッチ、筋力トレーニングなど)が可能です。
また、当院にはシューフィッター(靴の専門家)も在籍していますので、靴についてのお悩みなどお気軽にご相談ください。

骨盤

猫背

ストレートネック

足の重心

O脚