『View39アレルギー検査』とは

アレルギー性鼻炎・結膜炎、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性じんましんなどの症状が出ている方は、症状を引き起こしているアレルギーを特定すること、アレルギーによるものかどうかを調べることが、治療の第一歩となります。
また、症状の出ていない方もご自身のアレルギーを引き起こしやすい物質(アレルゲン)を知っておくことで、予防や症状の軽減につながります。

『View39』は、少量の採血(1回)で、39種類のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を調べることができる大変便利な検査です。
医師の診断により、症状のある方で問診等で原因が特定できない方には健康保険が適用される検査です。
来院時は保険証をご持参ください。

費用について

検査代は、保険適用で自己負担3割の方で、約4,380円です。このほかに診察料が、別途かかります。
すべてあわせて通常は6,000円弱となります。
他の検査を追加されたり、お薬の処方がある場合は料金が加算されます。

検査項目について

検査対象となるアレルゲン39項目は以下のとおりです。

吸入系アレルゲン

アレルギー
<吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

室内の塵(ちり)
ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
動物
ネコ、イヌ
昆虫
ガ、ゴキブリ
樹木
スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
カビ
アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア、ラテックス

食餌系アレルゲン

アレルギー
<食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

卵白、オボムコイド
牛乳
ミルク、乳製品
小麦
小麦、小麦加工品
豆、穀物、ナッツ類
ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米
甲殻類
エビ、カニ
果物
キウイ、りんご、バナナ
魚、肉類
マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

アレルギーとは

  • 鼻水が止まらなくなる時期がある
  • 毎年季節によって目がかゆくなる
  • ある時期から体がだるい
  • 特定の食べ物を食べた後、お腹が痛くなる、蕁麻疹が出る
  • 食べた後に口の中や喉に不快感を感じる
  • 肌が乾燥しやすい
  • からだが痒い
  • 息苦しい時がある

上記に当てはまるものがある場合は、いろいろな原因はありますが、アレルギーの可能性があります。
この機会に、アレルギー検査をしてみませんか。
近年、食生活の偏食や生活習慣の多様化により、アレルギーによって体調の不調を感じる人が増えています。

アレルギーとは、ある物質(アレルゲン)に対して過敏に反応する状態で、私たちの体に備わっている、免疫の反応が関係するものをいいます。免疫とは、体を守るための防御システムで、もともと持っている自然免疫と、何らかの刺激を受けてあらたにできる獲得免疫とがあります。アレルギーの研究で分かってきているのが、獲得免疫の中のIgEという抗体が関係する反応です。IgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違って、自然界のなんでもない物質、たとえばダニや花粉や食物タンパクに対してできてしまいます。その物質(アレルゲン)に対して敏感に過剰に反応してしまうと様々な体のバランスが崩れ不調が出てきます。アレルギー体質の人は、このIgEを作りやすい体質で、遺伝的にかなり決定されていることが分かってきています。何かの物質(アレルゲン)に対しIgEを持っていることを、そのアレルゲンに「感作されている」といいます。しかし感作されているからと言って病気ではありません。IgEと物質(アレルゲン)が反応して初めてアレルギー症状を起こすのです。発現する症状は、命の危険に晒されたり生活に支障をきたすものから何ら影響のないものまで様々です。

アレルギー体質の人が、環境の悪化因子と体質と物質(アレルゲン)が作用して病気が発症する、あるいは病状が悪化します。体質はなかなか変えられませんが、何が悪化因子かを知って、環境を変えることでアレルギーの病気は発症を予防できたり、症状を軽くすることができます。何がアレルゲンになるか、アレルギーによる反応や症状は、年齢、個人、環境(時期、季節、生活環境)によっても左右されますので、一人一人の状況を考慮して検査し治療する必要があります。

主なアレルギーで起こる病気

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • じんましん
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシーショック

患者さんのアレルギーの病気を正しく診断し、治療するとともに、アレルギーのしくみを説明し、環境や生活について、指導、助言いたします。アレルギーの治療は、物質(アレルゲン)が体と反応を起こすので、長い間アレルゲンを排除することが指導の内容でしたが、アレルゲンを少しずつ体内にいれて、反応をおこさないようにしながら治していこうという免疫療法やアレルギー反応を抑えるなど様々な選択肢があります。