当院のスポーツ整形・リハビリテーション・トレーニングの特色

スポーツのケガは多部位にわたり、その診断から治療(リハビリテーションを含む)には、その部位の高い専門性を必要とします。
当院は整形外科専門医が在籍、理学療法士も在籍し治療を行っております。
また、野球、陸上競技、アイスホッケー、スキージャンプなどの連盟、所属チーム、選手との信頼関係も築いております。
当院では、各部位の専門医・理学療法士が高度な知識を持って診断・治療・リハビリ・トレーニングを行います。

スポーツ障がい・外傷

当院では、スポーツ障がい、外傷の治療を目的に、その病態の解明や最適な治療法を日々研鑚しております。プロ、アマチュア、学生、社会人、年齢、男女を問わず、スポーツ選手やスポーツを始めようとする方を対象に、骨、関節、筋肉など運動器官の疾病に関した障がいや外傷を扱うのがスポーツ整形外科です。

スポーツ種目は多種多様でかつ、スポーツのレベルや経験年数も多様です。
スポーツ障がい・外傷の症状をよく理解して、適切な治療、リハビリテーションを行い、早期の現状復帰を目指します。スポーツ整形外科の専門的見地からのメディカルチェックに基づいて、治療、リハビリ、運動療法、予防トレーニングなど総合的に行っております。

スポーツ外傷

スポーツは体を動かすことから、運動中に人とぶつかったり、勢いよく転んだりした場合の強い外力によって、けがをしてしまうことがあります。また、からだに働く力が大きく、けがの重症度も高くなりがちです。
けがの原因の背後に身体的な特徴や運動のくせなど身体的問題が潜んでいるケースも考えられます。局所の治療にあわせた、けが以外の部分の持久力や筋力や体のバランスなどの機能を補うトレーニングが必要となります。
ケガの治癒が確実に得られ、後遺障がいが少なく、筋力や可動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多いのがスポーツ外傷です。

スポーツ障がい

一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に、継続的に繰り返し加えられることによって起ります。
針金を繰り返し曲げると折れてしまう金属疲労と同じ現象です。
多くの障がいには、誤った動作の繰り返しや姿勢など明らかな原因が見つかります。本人や指導者も気付かない運動方法や運動時間に問題が発見されるケースもあります。
障がいには必ず原因があること、一旦発生すると再発しやすいことなどから、長期の治療が必要となるケースが多くあります。運動開始前後のメディカルチェックや日頃からの身体のケアを心掛け、体や筋肉の使い方や姿勢を知ることが、予防につながります。お気軽に当院にご相談ください。