骨粗鬆症

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、骨量が減って骨が弱くなり骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症の国内推定患者数は約1,280万人*1です。男女比は1:3となっており、特に閉経後の女性に多くみられるため「高齢女性の病気」に思われがちですが、妊娠・授乳後など若い方や男性の骨粗鬆症もあります。

「骨粗鬆症」となっても痛みはありません。骨粗鬆症が進行して転倒などではなく些細なことで骨が折れる「脆弱性骨折:ぜいじゃくせいこっせつ」を起こすと、痛みを感じます。骨粗鬆症では背骨(脊椎の圧迫骨折)や手首の骨(橈骨遠位端骨折:とうこつえんいたんこっせつ)・太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折:だいたいこつけいぶこっせつ)が折れやすくなるため、背中・腰の痛みの後に背が縮んだり、腰が丸くなったりするようになります。特に、背骨や脚の付け根部分の骨折は「寝たきりの原因」となりやすいので、骨粗鬆症は早期発見・早期治療で「いつの間にか骨折」の予防に努めることが大切です。

当院では、骨粗鬆症の治療ガイドラインで推奨されているDXA法により骨密度を正確に測定できます。痛みの原因が骨粗鬆症によるものか、別の疾患なのかを詳しく調べます。

健診で骨粗鬆症の疑いを指摘された方、いつのまにか身長が縮んだ方、転んだ記憶はないが背中や腰が痛い方、腰が曲がってきた方など、お気軽に当院までご相談ください。

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症は自覚症状もなく進行していくため「サイレント・ディジーズ(静かな病気)」とも呼ばれます。患者さんの多くは更年期以降になると背中や腰の痛みなどの自覚症状が現れますが、これらの痛みを「老化現象」と思い込んでしまう方も少なくありません。

骨粗鬆症を発症すると、次のような症状がみられます。
当てはまる場合には、骨粗鬆症の可能性があるので、早めに整形外科を受診して、骨粗鬆症の検査を受けるとよいでしょう。
  • 身長が縮んだ(縮んだ気がする・指摘された)
  • 立ち上がるとき・重いものを持つときなど、背中や腰が痛む
  • 背中や腰が曲がる(丸くなる)
また、骨粗鬆症が進行すると次のような症状がみられますので、いずれかに思い当たる方は速やかにご来院ください。
  • 背中・腰の痛みで寝込んでしまった
  • 些細な事(つまずく・手を付くなど)で骨折した
  • 明らかに転んだ記憶がないのに、背中・腰・手首などが痛い
  • 昔に比べ、背中や腰の曲がりがひどくなっている
  • 身長の縮みがとても目立つようになった(他人から縮みを指摘される)

骨粗鬆症になりやすい人

骨粗鬆症のなりやすさは、体質や生活習慣によって個人差があります。
当てはまる項目が多いほど、骨粗鬆症の危険性が高くなりますので、生活習慣の見直しや骨の検査を積極的に受けるとよいでしょう。
  • 50歳以上
  • 閉経後の女性
  • 痩せ型・細身(低体重)
  • ステロイド剤を服用中
  • 糖尿病などの生活習慣病、慢性腎臓病(CKD)、甲状腺機能亢進症などの持病がある
  • ご家族に骨粗鬆症の方がいる
  • ご両親のいずれかが大腿骨近位部骨折(脚の付け根の骨折)をしている
  • お酒をよく飲む
  • お酒を飲むと、すぐに顔が赤くなる
  • タバコをよく吸う
  • 運動不足
  • 小魚や豆腐はあまり食べない
  • (※食事の偏りがある・若いときに過度なダイエットをした方を含む)

骨粗鬆症の原因

実は骨も「骨代謝(リモデリング)」と呼ばれる、新陳代謝を常に行っています。古い骨を壊す「骨吸収」と新しい骨に作り替える「骨形成」を繰り返すことによって、硬くて丈夫な骨を保っているのです。

骨代謝(リモデリング)

(図)骨代謝(リモデリング)

骨粗鬆症の原因はこの骨代謝のバランスが崩れて、骨を作る量よりも壊す量が上回ってしまうことです。骨形成で十分に埋め戻せなくなると、骨密度の低下したスカスカ状態の骨となるため、わずかな衝撃でも骨折してしまうようになります。
中でも特に脊椎(せきつい=背骨)、肋骨(ろっこつ)、大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ:股関節の近く)は骨密度低下の影響を受けやすいため、脆弱性骨折が起こりやすい部位です。

この骨代謝が乱れる要因には、明らかな原因がない「原発性骨粗鬆症」と発症に結び付くような疾患などが原因となる「続発性骨粗鬆症」があります。

原発性骨粗鬆症

骨粗鬆症患者さんのほとんどを占めます。原因となる明らかな病気などはなく、次のような要因がいくつか絡み合って発症します。原発性には中高年女性に多い「閉経後骨粗鬆症」、男性に起こる「男性骨粗鬆症」、突発的に発症する「特発性骨粗鬆症*2」を含みます。
*2特発性骨粗鬆症:加齢などとは関係なく突発的に発症し、急激に進行する骨粗鬆症。思春期など若い人にみられる「若年性骨粗鬆症」や妊娠・授乳後にみられる「妊娠後骨粗鬆症」など。
  • 女性ホルモンの分泌低下
  • 閉経後や卵巣摘出手術後などは、骨形成の促進と骨吸収の抑制の役割を持つ女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減るので、骨量も急激に減少します。

  • 加齢
  • 加齢によりホルモンバランスが変化することで、男女とも50歳以降になると年々骨量が減少していきます。

  • 生活習慣
  • 運動不足など日常生活での動作が少なくなると、骨・筋肉の維持がしにくくなります。また、カルシウムやカルシウム吸収に影響するビタミンD・ビタミンKなどの栄養不足、日光浴不足が起こると、十分な骨形成が行われなくなるため、血中カルシウム不足を骨自体のカルシウムで補うことになります。

  • 遺伝
  • 母娘間の骨密度の遺伝率は約70%です。特にご両親のどちらかに骨折歴がある場合、骨粗鬆症による骨折リスクは約1.18倍、ご両親では約1.54倍と報告*3されています。

  • 喫煙
  • 喫煙は胃腸の働きを抑えるため、カルシウム吸収を悪くします。

  • 飲酒・カフェイン
  • 適量(純アルコール換算で1日20g:日本酒1合かビール中瓶1本かワイングラス2杯)以上の飲酒は、骨粗鬆症の発症リスクを高めます。なお、お酒を飲んで顔が赤くなる人は飲酒量に限らず、骨粗鬆症による大腿骨骨折リスクが高まるとする報告もあります*4
    また、過度のアルコール・カフェイン(コーヒー・紅茶など)摂取は、利尿作用によってカルシウムが排泄されやすくなります。

  • ストレス
  • 過度なストレスは腸のカルシウム吸収を妨げます。

続発性骨粗鬆症

内分泌系疾患など特定の病気や薬の副作用によっても、骨粗鬆症を発症することがあります。
  • 骨粗鬆症の原因となる病気
  • 糖尿病、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、性腺機能低下症、関節リウマチ、慢性腎臓病、肝臓病骨形成不全症、アルコール依存症、動脈硬化、慢性閉そく性肺疾患(COPD)など

  • 薬剤の副作用
  • 骨粗鬆症の原因となる代表的な薬の副作用には、主に関節リウマチ薬・がん抑制薬などに使用されるステロイド剤・メトトレキサートなどがあります。これらの薬剤の長期使用は骨形成低下を引き起こし、骨量減少につながります。

骨粗鬆症の診断基準

骨粗鬆症の大部分を占める「原発性骨粗鬆症」は、次の通り定義されています。次のいずれかに該当する場合、「骨粗鬆症」と診断します。

【前提】低骨量を引き起こす骨粗鬆症以外の疾患や続発性骨粗鬆症がないこと
  • 脆弱性骨折あり
    • 背骨(椎体骨折*5)または脚の付け根・股関節(大腿骨近位部骨折)に脆弱性骨折がある
    • *5椎体骨折(ついたいこっせつ):背骨=脊椎(せきちゅう)を構成する一つ一つの骨(椎骨:ついこつ)。椎骨と椎骨の間にはクッションの役割をするゼリー状の椎間板がある。

    • その他の部分に脆弱性骨折があり、骨密度がYAM*6の80%未満
    • *6YAM:若年成人(腰椎:20~44歳、大腿骨近位部:20~29歳)の骨密度平均値のこと。

  • 脆弱性骨折なし
骨粗鬆症診断基準

(画像引用)骨粗鬆症診断基準|骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015より

骨粗鬆症の検査

骨粗鬆症は「早期発見・早期治療」が大事です。
当院では現時点での骨の強さが分かる「骨密度検査」だけではなく、今後の骨密度予測ができる重要な検査として、骨吸収マーカー・骨形成マーカー・ビタミンD等の「血液検査」も行い、早期発見・治療に役立てています。

特に閉経後または65歳以上の女性は「いつの間にか骨折」を防ぐためにも、半年に1回を目安に骨の検査を行うことをおすすめします。

問診・視診

自覚症状の有無、身体測定、持病、飲まれている薬、喫煙・飲酒・運動などの生活習慣、さらに「ご家族に骨粗鬆症の方がいるか?」「ご両親のどちらかに脚の付け根を骨折した方はいるか?」など詳しくお伺いします。

骨密度(骨量)の測定

当院では日本骨粗鬆症学会で推奨されている検査方法「DXA(デキサ)法」にて、骨の量(骨密度)を測定しています。
さらに約15秒で高速測定できる「骨密度測定装置」を導入しています。ご予約なしで検査当日に結果のご説明をさせていただきます。

X線骨密度測定装置

(画像)当院で使用しているX線骨密度測定装置

X線検査(レントゲン検査)

脊椎の変形などを確認します。脊椎のレントゲン検査は骨粗鬆症の診断だけでなく、骨粗鬆症に似た他の疾患との鑑別にも役立ちます。
当院では、従来のX線検査装置よりも被ばく量が少なく済み、すぐに撮影した画像が確認できる「デジタルX線検査」を行っています。

デジタルX線検査装置

(画像)デジタルX線検査装置

血液検査

血液検査によって、今後の骨密度変化を予測する「骨代謝マーカー」を調べます。その際、貧血の有無、腎機能、血中のカルシウム濃度も一緒に調べて、別の疾患との鑑別を行います。※骨代謝マーカーの結果は、約1週間後となります。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症治療の目的は骨折を防いで骨格の健康を保ちながら、生活の質(QOL)と生活機能を維持することです。特に高齢者では寝たきり原因となりうる「大腿骨近位部骨折」「椎体骨折」を防ぐことが重要となります。

治療の基本は、骨量を増やすための「食事療法」や「運動療法」であり、必要に応じて、「薬物療法」を併用します。
当院では無理なく続けていけるよう、患者さんとよく話し合いながら、治療を進めています。

食事療法

骨量を増やすためには、骨を作る材料となる「カルシウム」とカルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」を積極的に取るようにしましょう。
また、高齢になると、活動量の低下などから小食や好みの変化が起こり、タンパク質の摂取量が不足する傾向があります。タンパク質の不足は、骨密度低下を助長することに繋がりますので、バランスの良い食事をすることが大切です。
当院でも栄養指導を行っていますので、ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

骨形成を助ける栄養素には、次のようなものがあります。

  • カルシウム
  • 牛乳などの乳製品、豆腐などの大豆製品、小魚(ししゃもなど)、緑黄色野菜
    ※骨の主成分

  • ビタミンD
  • 魚(特にイワシ・鮭・鯖)・キノコ類 ※1日10~20μgの摂取が推奨

  • ビタミンK
  • 野菜類(特にモロヘイヤ・ほうれん草・小松菜など葉野菜)、納豆、海苔など

  • タンパク質
  • 肉、魚、卵、牛乳などの乳製品、大豆製品など
    ※コラーゲンの元であり、骨を構成するもう一つの主成分です。

  • マグネシウム
  • 海藻(特にひじき・昆布)、ナッツ類、ごま、大豆製品など
    ※マグネシウムが不足すると血中カルシウム濃度が低下してしまいます。
    カルシウムとマグネシウムは、2:1の割合で摂取するのがおすすめです。

逆に次のような食品・飲料はカルシウムの吸収を妨げて骨密度を低下させる要因となるため、過剰摂取は避けましょう。

  • スナック菓子・インスタント麺などの加工食品や一部の清涼飲料水など、リンが多く含まれる食品
  • ※リンの過剰摂取は避けたいですが、カルシウムの活用には必要な栄養素ですので、カルシウムと1:1のバランスを守り、鶏ささみ・大豆などから摂取するようにしましょう。

  • 食塩が多く含まれる食品
  • アルコール飲料
  • カフェインが多く含まれる飲料(コーヒー・紅茶など)

運動療法

運動をすると骨に刺激が加わるため、骨細胞を活性化させ骨密度が増加します。また、既に薬物療法を行っている方は、運動療法を併用することで治療効果を高めることにも繋がります。

当院では、患者様の痛みや関節の変形・姿勢等を評価し、患者様ごとにオーダーメイドの運動指導を行います。
(例)背骨や膝など変形がある場合は、背骨や膝に負担のかからない運動指導など

ご自身では、1日30分・週2回程度、ウォーキングや自転車、スイミング、水中歩行、社交ダンス、太極拳など、無理のない範囲で積極的に身体を動かすようにしましょう。

また、スポーツだけが運動ではありません。家事など日常生活で骨に力がかかるような動作でも、骨を作る細胞の働きを活発にします。
できるだけ階段を使う、買い物には歩いていく、家の中で足腰を鍛える体操をするなど、日常生活の中に軽い運動を取り入れてみることもおすすめです。
※膝・股関節に変形がある方など持病をお持ちの方によっては、運動が勧められないケースもあります。お気軽にご相談ください。

<バランス能力トレーニング:片足立ち運動> 
左右1分間×1日3セット
  • テーブル・椅子の背もたれの横に立って、床につかない程度に片足を持ち上げます。
  • (バランスを保つのが難しい場合は、椅子・テーブルに手をついて行ってもOKです)

  • 姿勢をまっすぐにして、行いましょう。
片足立ち運動
<下肢筋力トレーニング:ウォーキング> 
1日30分~・1日6,000~7,000歩
  • 動きやすい服装と歩きやすい運動靴(クッション性の高いもの、軽くて通気性の良いもの)で行う。
  • 腕を大きく振って、歩幅は普段より広めの70~80cmくらいにする。
  • 胸を張り、背筋を伸ばす。
  • つま先で地面を蹴って、かかとから着地をする。
  • 始めは朝15分・夕15分など1回30分以内からはじめ、体力に自信が出てきたら時間・距離を伸ばしていく。
  • 体調不良などの時は無理をせず、体調の良い日にその分少し距離を伸ばすなど、平均的に行うようにする。
ウォーキング

薬物療法

骨粗鬆症の薬物療法では、「骨吸収を抑える薬」「骨の形成を促す薬」「骨の材料を補う薬」の3種類に分けられます。患者さんの病態(原因・骨折部位など)を総合的に判断して、単薬または組み合わせて使用します。

  • 骨の破壊(骨吸収)を抑える薬
  • -ビスホスホネート……第一選択薬
    -選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)……閉経後女性では第一選択
    -抗ランクル抗体薬

  • 骨の形成を促す薬
  • -副甲状腺ホルモン薬

  • 骨の材料を補う薬
  • -カルシウム薬
    -活性型ビタミンD3薬
    -ビタミンK2薬

お薬の効き方や副作用などなにか気になる点があるときには、必ず医師またはスタッフまでご相談ください。自己判断の中断・減薬は大変危険です。

骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。
骨粗鬆症の発症につながる「骨密度の低下」には、加齢・閉経・遺伝など避けられない要因のほかに、努力すれば避けられる要因もあります。

そのためには、次のような「骨密度を低下させないこと」を意識して生活してみましょう。

  • 栄養バランスの良い食生活
  • 積極的にカルシウムを取るようにしましょう。食事から摂取する分には問題となりませんが、サプリメントから摂取する場合には過剰摂取に注意が必要です(上限2,300mg)。
    また、ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウム、タンパク質も骨粗鬆症予防に必要な栄養素です。

  • 日光浴
  • カルシウム吸収をサポートするビタミンDを体内で作るために必要です。夏なら木陰で約30分、冬なら手・顔に約1時間、日に当たることをおすすめします。

  • 運動
  • 骨は刺激が加わることで骨の細胞が活性化します。30分程度の軽いウォーキングで十分です。頑張りすぎず継続して行うことが大切です。

  • 禁煙・アルコールは控えめに
  • 喫煙は骨形成の材料となる「カルシウム」の吸収を妨げるほか、女性では骨からのカルシウム流失を防ぐ働きをする「女性ホルモンの分泌」を妨げます。
    また、アルコールには利尿作用があります。飲みすぎはカルシウムの過剰排出につながりますので、控えめにしましょう。

よくあるご質問

1)男性や若い女性であれば、骨粗鬆症を発症しにくいのでしょうか?

いいえ。「男性だから、若いから、大丈夫」という油断は禁物です。

男性でも50歳頃から緩やかに骨量減少が始まり、60代で危険信号、70代では女性発症者数の約半数と同程度の男性に骨粗鬆症がみられるようになります。80歳頃になると骨密度は若いときの70%程度に低下するため、男性のおよそ5人に1人(約20%)が骨粗鬆症を発症していると報告*7されています。なお、女性に比べて男性の骨格が大きく動きも激しいので、転んだ時に強く体をぶつけたり頭を打ったりして、重大な事態を招きやすいことがあります。

一方、閉経前の若い女性でも出産後は女性ホルモンの急激な減少が起こり、骨密度の低下がみられます。さらに、母乳を通じて赤ちゃんにカルシウムをあげることでも骨密度は低下していきます。
通常は出産・授乳を終えれば次第に元に戻ります。ただし、過去に無理なダイエットや偏った食生活を送っていた場合などは、妊娠前でも骨が脆い状態となっていることがあります。骨量減少状態がありつつ、さらに出産・授乳・育児(赤ちゃんを抱っこするなど)によって追い打ちをかけることになるため、「妊娠後骨粗鬆症」を発症する恐れがあります。

2)痛みなどなければ、骨粗鬆症の治療はしなくてもよいのでしょうか?

骨粗鬆症は「骨が脆くなって骨折しやすい状態」となる病気なので、発症しただけでは痛みを感じないことがほとんどです。骨折して初めて痛みが生じます。また高齢者の中には骨折していても痛みに気付かず、進行して背中・腰が丸くなったり身長が縮んだりしているケースもあります。
骨折による痛みは治療をすることで徐々に和らいできますが、骨折の根本原因である骨粗鬆症が改善したわけではありません。ガイドラインによると、1度骨粗鬆症による骨折をしたことがある方の新規骨折リスクは、骨折したことがない方に比べて、約2倍*8と報告されています。根気よく治療を続けましょう!

3)なかなか運動が続かないのですが……。

運動=スポーツだけではありません。
まずは、車で行っていた買い物を歩きに変えたり、バスなら目的地の2~3つ前の停留所で降りて歩いたり、エスカレーターを使わずに階段を使うなど、日常生活の中に軽い運動を取り入れることから始めましょう。
ほかにも、史跡巡りやダンスなどの体を動かす趣味も立派な運動になります。

また、長続きさせるためには「楽しい・気持ち良い」と感じることも必要です。
同じ目的を持った仲間(友達)と楽しくおしゃべりをしながら、ウォーキング・水中歩行など行えば、運動しながら気分転換が図れるのでオススメです。
ほかにも、運動の記録を付けることも励みとなるでしょう。