交通事故でのケガについて

東京都は日本の首都であり、人口も日本一です。そのため交通量も全国TOPクラスになります。交通量が多い、観光客が多い、土地勘のない他県の方も多いということもあり、交通事故は発生しやすくなっています。
東京は交通インフラが整備されており、交通の便が良いため人口に対しての交通事故発生数は比較的少ない傾向であり、全国4位となっています。交通事故での負傷者数は、年間で、約3万8千人の方が負傷されており決して少ない人数ではありません。どれだけ気を付けていたとしても,交通事故被害者になってしまう可能性は高いと言えます。

都道府県別事故発生件数
1位、愛知県
2位、大坂府
3位、福岡県
4位、東京都
5位、静岡県

出典:警察本部「平成29年中の交通事故の発生状況」2017年

交通事故被害で多い症状

交通事故被害で多い症状で,むちうち症と言うものあります。このムチウチ症は医学的な原因の特定が難しく、自己申告の「痛み」の訴えのみになってしまう場合があります。
自分の訴えのみで、通院し続けるのは気まずかったり、忙しくて通院する時間がなかったりで、通院をやめてしまう方がいらっしゃいます。
数ヶ月から数年経ってから症状が後遺症・後遺障害となって発現して、生涯、むちうち症の後遺症・後遺障害に悩まれる方が多くいらっしゃいます。

後遺障害は、発現する症状が普段の生活に支障があり”つらい”というのはもちろんですが、症状によって交通事故を思い出してしまうこともあるため、尚のこと”つらい”と悩まれる方がいらっしゃいます。
交通事故の被害者の方が,一日でも早く普段の生活に戻るためにも,交通事故によるむちうち症などのケガの発見と治療が重要です。
むちうち症などの交通事故によるケガに詳しくて,「痛み」などの訴えに理解があるようなクリニックに通院することをお勧めいたします。自己申告の「痛み」の訴えになってしまう気まずさは、少し軽減されると思います。

むちうちとは
交通事故などで首に不自然な強い力が加わったことによる首の捻挫です。衝撃を受けた時に、鞭がしなるように首が動くので、むちうちと呼ばれているそうです。医学的な診断名としては、頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などになります。

むちうちでよくみられる症状
・首の痛み
・肩、背中の凝り
・頭痛
・めまい
・吐き気
・足
・指先のマヒ
・だるさ(疲れやすい)
また、むちうちの症状は、『急性期症状』と『慢性期症状』の2種類に分類されるのも特徴です。

交通事故は、痛みはなくとも受診が大切

交通事故の被害者となった場合,警察への連絡はもちろんですが病院に行くことがとても大切です。交通事故の混乱や緊張感から、体の痛みや不調に気づきにくくなっています。
痛みがないからと言って診察を受けないでいると、ケガの発見が遅れることになります。交通事故による後遺症になるリスクを少なくするためには、痛みがなくとも診察、検査しておくことが大事です。また診察の際に、痛みや違和感、いつもと違う点や軽い症状でも細かく伝えて調べてもらうことが大切です。

交通事故によるケガは、外部から力が加わって起こる外傷や体や関節の不調が多く、これらの疾患は、整形外科の専門分野になります。
交通事故によるケガは、受身が取れないままに不意に衝撃を受けるため、適切な治療をしないまま放置すると、複雑で重い症状になり、しかもなかなか治らなくなることが多いのが特徴です。一度症状が悪化してしまうと、改善するには長期間かかる場合があり、症状が停滞したまま落ち着いてしまうことも多いため、完治する前にあきらめてしまう方も多くいらっしゃいます。こうした交通事故によるケガの治療は、早期の診察と治療の開始が、その後の生活へ与える悪い影響を最小化させます。
早期に効果的な治療をスタートしたいという方や事故から数ヶ月時間が経っているが、症状が悪化しまっているという方も当院にご相談ください。

追突事故などの交通事故の後には、以下のような特徴的な症状が発生するリスクがあります。

主な症状
・首のむち打ち症(頚椎捻挫)をはじめ、腰や背中、腕などもつらい
・異常がないと言われたのに症状がおさまらない
・関節可動域がせまくなる(柔軟性減少、腕や足が上げづらいなど)
・自律神経症状に悩まされる(頭痛・だるさ・無気力・しびれ・めまい・食欲低下など)
・集中力が低下する(長時間の作業が苦手になる)
・痛む箇所が移動する(昨日は腰だったが、今日は首が痛む。など)
・夜間や明け方に症状が出る
・季節の変わり目や季節によって症状が出る
・雨の前や雨の時に症状が出る
・症状が消えたと思ったら、数日後にまた出現したりする
・運動すると痛みが増す
・身体の冷えや寒さに敏感になる
・姿勢によって痛い時がある
・疲れやすい

労災について

労働者災害補償保険(労災保険)では、労働者の方々が仕事(業務)や通勤が原因で負傷したり病気になった場合、原則として労災保険指定医療機関で無償で治療を受けることができます。
仕事中や通勤途中にケガをした場合は、健康保険を使うことはできません。「自分の不注意だったから」という理由から労災保険は使えないと誤解している人がいますが、業務とケガに因果関係がある場合は労災保険の適応範囲となります。また「通勤途中に転んだ」とかパートや派遣労働者であっても労災保険の適応となります。
詳しくは、所属の人事や総務などの部署にご確認ください。
労災保険適応なのに、健康保険を使用した場合は、健康保険へ医療費を返還してから労災保険へ請求するため一時的に全額自費扱いになる場合がありますので、ご注意してください。