院長ご挨拶

六本木整形外科・内科クリニック
当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
六本木整形外科・内科クリニック院長の前田真吾(まえだしんご)です。

私は子供の頃からスポーツが大好きで、野球、ラグビー、テニスなどをしてきました。
生傷がたえず整形外科にはずいぶんお世話になり、小学生のときに野球で腰や肩を痛めたこともあり、自然と整形外科医をめざすようになりました。

勤務医時代、整形外科治療の在り方に問題意識をもつ
-目の前で困っている患者さんの力になりたい-

病院に勤務している整形外科医の大きな役割は手術ですが、手術が必要な患者さんはほんの一握りです。
整形外科の治療は、お薬や注射だけではなく、生活や姿勢の指導、リハビリテーションが非常に大切です。
しかしながら大きな病院には手術がまだ必要でないにも関わらず、たくさんの手術希望の患者さんが受診されます。
患者さんには、「まだ手術が必要な状態ではないから、まずはかかりつけの整形外科で手術以外の治療をしっかりしてもらってくださいね」とお話すると、かかりつけに行っても「先生は話を聞いてくれないし、シップと痛み止め出されておわりでしょ」と言われる事が数多くありました。

困っている目の前の患者さんを何とかしてあげたい、しかしここは病院であり手術以外の治療は継続的にできない、、、というジレンマにおちいり、
「目の前で困っている患者さんの力になりたい」という想いが次第に強くなっていき、自身でクリニックを開院いたしました。

当院では、

「患者さんの声に耳を傾け、ホスピタリティと適切な整形外科技術、リハビリテーションで患者さんのニーズにお応えいたします。」

パソコン・スマートフォン世代に特有の肩こり、腰痛に危機感をもつ

六本木整形外科・内科クリニック

-働く人を応援するクリニックで在りたい-

近年、IT技術の進歩は目覚ましく、パソコンやスマートフォンを使わずに生活する人はおりません。
その一方で、体のゆがみによる特有の肩こりや腰痛に悩まされている方が爆発的に増えており、お子様でも肩こりや腰痛を訴える患者さんが増えています。

若い世代、働き盛りの世代が肩こりや腰痛に悩まされる、そしてこの世代が高齢になった時に一体どうなってしまうのか、これは人類史上経験がありません。
なるべく早期に、どれだけしっかり治療し、そして続けていくことが数年後、数十年後の身体への投資になると確信しております。

当院では、

患者さんに痛みの根本的な原因をわかりやすく説明し、早期に痛みをとり、そして予防する治療をご提案いたします。

しかしながら、整形外科は「お年寄りが行くところ」、「待ち時間が長く、仕事の合間に受診が難しい」と考えられ受診を先延ばししてしまったために、慢性化してしまう人も少なくありません。また、かわりに医療機関ではなく民間のマッサージなどに通っている方もいらっしゃると思います。

そんな方々を見るにつれて、働く人が行きやすい場所にあり、待ち時間が短く、整形外科だけではなく生活習慣病など内科のお悩みに幅広くお応えできるクリニックがあれば、多くの働いている忙しい方の役に立つことができるのではないか、と考えております。

当院では、

予約の有無にかかわらず待ち時間短縮に努め、整形外科以外に通院されている患者さんにもトータルケアできるよう幅広く対応させていただきます。

スポーツに対する思い

六本木整形外科・内科クリニック

-アスリート、スポーツ愛好家、健康意識が高い方を全力でサポートします-

私自身、野球で肩や腰を痛め、野球をあきらめざるを得なった過去があります。
もしその時に今の自分に出会い、治療をしていたら野球をあきらめなくてよかったかもしれません。
そんな経験から、「痛みでスポーツをあきらめる人を一人でもなくしたい」という強い信念があります。

「肩や肘が痛くてボールが投げられない」「カートに乗らないとゴルフができない」「フルマラソンで40kmすぎから足が痛くなる」「もっと早いボールが投げたい」「パフォーマンスを上げたい」、どんなお悩みにも耳を傾けます。

スポーツを愛する患者さんと、共に目標に向かって二人三脚で治療に取り組ませていただきます。

患者さんの「ありがとう」「笑顔」が私たちのエネルギーです。

患者さんの立場に立って、『不安』を『安心』に変えるためにはどうすればいいか、
患者さんに「ありがとう」「来てよかった」と言っていただけるクリニックになるためにはどうすればよいか、スタッフと共に考え続けたいと思っています。

院長

六本木整形外科・内科クリニック 前田 真吾(まえだしんご)
前田 真吾(まえだしんご)

院長経歴

2008年 聖マリアンナ医科大学卒業

聖マリアンナ医科大学病院 整形外科学講座 入局
同病院勤務、関連病院にて研鑽を積む

2018年より大串整形外科、赤坂整形外科クリニック、東京ひざ関節症クリニック銀座院勤務を経て
2020年に六本木整形外科・内科クリニックを開院
BTR Arts Ginza Clinic非常勤医師

院長資格

  • 医師免許(医籍登録番号491121)
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医

その他参加学会等

  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科認定スポーツ医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
  • 難病指定医
  • 日本整形外科学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本足の外科学会
  • 日本再生医療学会

輿石 暁 医師

経歴

  • 2010年 東京大学 整形外科 入局
  • 2010年 佐久市立国保浅間総合病院 整形外科
  • 2011年 東京大学医学部付属病院 整形外科
  • 2011年 国立国際医療研究センター 整形外科
  • 2013年 東芝林間病院 整形外科
  • 2014年 健康長寿医療センター 整形外科
  • 2016年 焼津市立総合病院 整形外科 医長
  • 2018年 クローバーホスピタル 整形外科・リハビリテーション科
  • 2019年 東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長

医師資格

  • 医師免許(医籍登録番号470948)
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
  • 難病指定医

所属学会

著書